つくり方

簡単!チュールポンポンの作り方

こんにちは

不器用だけど制作活動は好きならんです。

赤ちゃんを迎えるということは、嬉しいことでありますが、同時にとってもお金がかかります。赤ちゃんの肌は敏感だから・・・といいものを揃えるとそれなりに出費が増えていく。

そこで、私が行った節約術はズバリ!!

手作りする!!

というもの♪

今回は、いろいろなものに応用できる

チュールポンポン

の作り方を紹介します!

材料・用意するもの

  • チュール生地
  • ダンボール(ドーナツ状にしたものを2つ)
  • 刺繍糸など細めのひも
  • はさみ
  • (私は丸をフリーハンドで描くの苦手なので、ガムテープとスティックのりを使って円を描きました)

チュールポンポンのつくりかた

ドーナッツ状に切った2つのダンボールを重ね、長細く切ったチュールを巻きつけていきます。

ダンボールが見えなくなるまで巻きつけると綺麗な丸の形になります。

ダンボールの間にはさみを入れて1周ぐるっと切っていきます。

​​​​​​​ダンボールの間を刺繍糸で巻きつけ結びます。

ダンボールをはずすと完成です!

とーっても簡単にできちゃいますね!

チュールポンポンは、いろいろなものに使えます!

洋服の装飾やベビーベッドなどの装飾やおもちゃなど・・・

ぜひ活用してみてください♡

ABOUT ME
笹尾 蘭
笹尾 蘭
元特別支援学校教諭で2017年10月30日生まれの女の子ママ。 自宅で子育てサロンC.S.P.Base/モンテッソーリ幼児教室を運営。 他にも離乳食アドバイザーや日本モンテッソーリ 幼児教室協会認定講師/チャイルドマインダーなど教育/育児に関する資格を多数取得。 【instagram】@cha_lanchan 人見知りでママ友は自分のから作れない内弁慶ママですが、少しでもみなさんの子育てが楽しいものになるように子育てや教育に関しての情報を中心に発信します♡